奇跡の水

奇跡の水(きせきのみず)とは、特定の泉水や井戸水など、その水を飲めば、病気を治癒すると信じられている水のことです。

皆さんも聞いたことないですか?

有名なところでは、フランスのルルドの泉、ドイツのノルデナウの水などです。

☆難病の人がルルドの泉のお水を飲むと、不思議と治癒し「奇跡の水」や「病を治癒する湧き水」として世界中で有名になりました。

☆ノルデナウはシュマーレンベルグ地方にある人口わずか300人あまりの小さな村です。ノルデナウの廃坑から湧き出る水を飲むと病気が治るという噂が立ち、実際に様々な病気が治癒された事から、ノルデナウの水は“奇跡の水”と言われています。

 

最近の研究で、これらの奇跡の水と呼ばれる水には、水素が多く含まれている水素水であることがわかっています。

水素水に関する研究は今も続けらていますが、水素水が救世主であることは、間違いないようです。
水素の働きで体内の細胞が活性化され、代謝機能が向上します。そして、これが美容やダイエットにも効果のあることが期待できるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です