人は、当たり前の話だけど、酸素がないと生きてはいけません。
しかし、生きるために酸素を取り入れると、体が酸化してしまいます。

酸化=老化
だから、人や動物には寿命があるのです。

酸素は必要だけど、取り入れた時の問題として、酸化作用があり、
それには、良い面悪い面の両面があります。
活性酸素には、良い活性酸素悪い活性酸素があり、善玉は、抗酸化作用があるため異物や毒物を分解する特徴を持っています。
しかし悪玉は、体内の細胞を傷つけ重要な臓器や細胞、遺伝子にダメージを与え、様々な疾病を誘発したり老化を早める原因になる。
体の酸化はあらゆる病気の原因と言われています。

じゃ、どうしたらいいのか?

抗酸化作用を求めれば解決するのじゃないですか。

そうだからオススメしているのは水素です。
なぜオススメするのかは、化学式のメカニズムからわかるのですが、

水素が活性酸素を消すメカニズム
OH(ヒドロキシルラジカル)悪玉活性酸素+H(水素)=H2O(水)
つまり、悪玉活性酸素と水素が結びつき、水になって排出されていくのですね。

そして、人間の体内はほとんどが水分
つまり、酸化予防に効果が期待できるのですね。

水素による健康効果としては、老化防止、疲労回復、血糖値抑制、便秘の改善、脂肪燃焼などが挙げらます。医療分野はもちろん、アンチエイジング、美容医療の分野でも今、大注目されています。。