ちょっと古い記事ですが。

2007年5月8日の朝日、東京、毎日、日本経済新聞より、

水素で有害な活性酸素を撃退 日本医科大が発見」という記事が載りました。


朝日新聞より引用させていただきました。

水素が体に及ぼす新しい発見として、2007年に日本医科大学の太田教授らのグループから発表されていました。
内容は、日本医科大の太田教授(細胞生物学)らによる細胞や動物を使った実験で、

水素が体に有害な活性酸素を取り除き、病気の治療などに使える可能性がある
ことを発見したというものです。

いま、大注目の水素水、だいぶ前から注目されていたのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です