アトピーとは?

アトピーはどのようにおこるのか?

女性1

免疫機能が、体内のアレルゲンに過剰反応して、炎症やかゆみなどが起こるアレルギー症状です。
皮膚に炎症が起こると、そこに活性酸素が発生します。

本来であれば、この活性酸素には良い活性酸素もあり、体内に侵入した有害な細菌や病原体などを攻撃し自分自身を守ってくれるのもあるのですが、
アトピーの場合は大量に活性酸素が発生するため、本来攻撃すべき細菌などではないものに反応して、さらに炎症が発生します。
これがよく言われている悪玉活性酸素というものです。

その過剰な免疫反応・炎症反応を抑えるためにも、発生した活性酸素の除去が必要なのです。

アトピーの症状を引き起こす要因は様々ですが、皮膚だけの問題ではないのです。身体そのものを変えていくことで、改善できます。

耐えられないかゆみ

アトピーの治療には、ついステロイドに頼ってしまう。

だけど本当は、「ステロイドは使いたくない・・・」というのが本音ではないでしょうか?
使えば、その時はすごくはっきりと治ったようになるのですが、やはり、副作用が心配。

そして、だんだんと効きが悪くなってきて、以前ほどの効果が期待できない、
そしてまた、強い薬を使ってしまう。

それの繰り返し、何度もそれのくり返し。
だから、本当は、「ステロイドは使いたくない・・・」

だけど、「ステロイドを使わないなんて・・・どうやって、このかゆみと付き合っていくの?」

ほんとうは、ステロイド無しで治るのが一番いい、みんなとりあえず脱ステロイドの方向に進んで行く。
「ステロイドを使う・使わない」なんて考え方は
アトピー治療の本質ではない気がします。ステロイドを使っても使わなくても、治る時は治るし、
治らない時は治らない。それがアトピーだと思うのです。

 

ステロイドの使用がまねく悪循環とは

ステロイドを塗っても何度もつらい思いを繰り返していませんか?
ステロイドではアトピーを改善できなかった理由を少しお話しします。

ステロイド外用剤の長所と短所
【長所】
・瞬時にかゆみ、赤みを押さえる。※応急処置的に、症状を抑えるために使うことに向いています。

【短所】
・皮膚が褐色になってしまう
・色素沈着皮膚の色素が白く抜ける色素退色
・毛細血管の拡張により、顔が赤ら顔になる
・皮膚が薄くなり、小じわが増える
・吸収されたステロイドが酸化して、身体に蓄積していく
※これらの症状は、ステロイド外用剤による副作用によるものです。

アトピーがステロイドの副作用による炎症になる

 

女性2激しい炎症や痒みから解放してくれるステロイド。何度も助けられたことがあると思います。しかし、ステロイドのメリットの裏には大きなデメリットが隠されています。

ステロイド外用剤を塗ると、その成分はおもに毛穴を通して皮脂腺から大量に吸収されていき、劇的な消炎作用を発揮します。しかし、働きを終えたステロイドは体内にとどまるうちに、酸化コレステロールというカスになります。酸化の度合いが少ない場合は尿から排泄されますが、酸化の程度の進んだものは、肝臓での処理が間に合わなくなり、腸から排泄されることが困難になります。その結果、皮下脂肪や血管壁に酸化コレステロールが蓄積してしまいます。

実は、この酸化コレステロールは炎症を引き起こす起炎物質なのです。交感神経も刺激するため、さらに炎症を悪化させることになります。

ステロイドをやめることで、依存から抜け出せる

ステロイドを塗り続ける事で、アトピーの炎症が体のあちこちにでき始めてはいませんか?

これは、たまった酸化コレステロールが血流に乗って体中に運ばれていき、別の部分に蓄積されて炎症を起こしているのです。そして、次第にステロイドを塗る面積が増え、ステロイド依存が深刻化していきます。

成人型アトピーは、思春期までのアトピーとは別のもの。本来のアトピー性皮膚炎に、ステロイドに対して依存状態になった副作用を合併しています。依存状態から解放してあげるためにも、ステロイドを塗る習慣をやめることが不可欠です。

しかし、我慢してステロイドを止めても、アトピーが治ることはないのです。

どうしてステロイド離脱に成功しても、アトピーは治らないのか?

実際、ステロイドを真面目に塗るだけではアトピーは治せない。
逆に、必死でステロイド離脱に取り組んでもアトピーは治せません。
これがアトピー患者に突きつけられた現実です。

それはステロイド離脱に成功することと、アトピーが治ることは別の問題だからです。

それは順番が逆だからです。

脱ステロイドで治すのではなく、治療しながら脱ステロイドを目指すのです。

脱ステロイドが有効な理由とは

こういったステロイド依存から抜け出すことが、アトピー改善の大きなカギとなっています。脱ステロイドは、ステロイドの使用により自然治癒を遅らせられ阻害されているアトピー性皮膚炎を解き放ち、自然治癒に向かわせることができます。アトピーの炎症は、体内で酸化コレステロールとなったステロイドの老廃物を排出する大事なデトックスなのです。

その老廃物を排出する大事なデトックスに有効なのが、水素水なのです。
水素は、悪玉活性酸素に働き、人が本来持つ自然治癒力を高め、健康な体へと近づけてくれるのです。

アトピー

水素以外の治療との比較

アトピー治療と言えばステロイドや消炎鎮痛剤を使用される方が多いと思います。

確かにかゆみの激しい時には即効性のある薬剤を使用するのは仕方のないことだと思います。だって、痒さには耐えられないですものね。

しかし、副作用をもたらす可能性も考慮すると、本当は、あまり使用しないほうが良いに決まってますし、依存してしまわないように使用には細心の注意が必要と言えます。

それに対して水素水治療では、副作用は基本的に起こりません。これは水素が上記のように、疾患の根幹となる活性酸素の除去をした後は単なる水となるからです。 また、近年、軽微な炎症が肌の老化だけでなく、脳梗塞などの重大疾患を引き起こすメカニズムについての研究も進んでいます。そういった脅威からのサポートにも、水素水が持つ効果が注目されています。

水素によるケアの注意点

水素水によるアトピーへの効果は、正しく水素が体内にとり込まれ、活性酸素を除去しなければ見込めません。

最近は多くのメーカーから飲料用の水素水が発売されていますが、中には水素の濃度が低いものも存在します。
そして、水素水の最大の弱点は、水素が抜けてしまうことです。
抜けてしまえば、ただの水で、水素水治療の効果が見込まれませんよね。

そこで、水素水をはじめようと思っている方は、正しい水素水の選び方や摂取方法を口コミなどでお調べ下さい。
その中で、私たちは、体全体で水素を取り込める水素風呂のレンタルをお勧めしています。
飲む水素水の弱点も、良い点に変えれて、無理なくリーズナブルに始めていただけます。

なぜ、水素水の弱点も、良い点に変えれてしまうのか?

なぜ、水素風呂をお勧めするのか、それは、こちらをご覧ください。

 

また、水素水によるアトピー治療を行う場合は、これまで使用していた薬を突然絶つなど、急激な変化を行うのではなく、徐々にステロイドなどの使用量を減少させていくようにしましょう。

なお、生活習慣や食生活をも合わせて変えていくことが、美肌を目指すにおいて大切なことであるということもお忘れなく。

アトピー

ご提案内容はクリックしてみてください。レンタルで気軽に始めれます

リタライフW_表_

さぁ、水素風呂でキレイな肌を目指しましょう。

ホームへ戻るリタライフはこちら水素水にできること体験談美ボディゲット脱ステロイド質問レンタルベージ