水素水 水素風呂とアトピーとの関係

アトピーを脱ステロイドで改善!

水素風呂 レンタル アトピー

慢性的な肌荒れ。体の中からからずーっと続くチクチクと刺すような痒み。本当に辛いですよねぇ。
化粧も満足にできませんし、肌のケアーだって頑張って行ってても、改善までは満足できなかったり、
そして、肌の状態が良くない時は、外出も億劫となり、誰かに会う気も起こらず、鏡を見ることすら辛くなってしまいませんか?

「ずーっとこのままなのかな…」
そう諦めてはいませんか?

アトピー性皮膚炎とは?

皮膚の炎症を伴う病気です

アトピー性皮膚炎とは、もともとアレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られる皮膚の炎症を伴う病気です。

そして、良くなったり悪くなったりを繰り返し、主な症状は「湿疹」と「かゆみ」です。で、良くなったり悪くなったりを繰り返し(再発)、なかなか治らないこと(慢性)が特徴です。一般的に、6カ月以上(乳幼児では2カ月以上)続くと慢性と判断します。

アトピーの湿疹の特徴は、

赤みがある、じゅくじゅくして引っかくと液体が出てくる、ささくれだって皮がむける、長引くとごわごわ硬くなって盛り上がる。
そして、左右対称にできることが多く、おでこ、目のまわり、口のまわり、耳のまわり、首、わき、手足の関節の内側などに出やすいです。

アレルギーを起こしやすい体質の人

本人にアレルギーが出ただけでなく、ご家族にアトピー性皮膚炎や喘息、花粉症、アレルギー性鼻炎、などのアレルギー体質の人がいる場合、その体質を受け継いで、やはりアレルギーを起こしやすくなることがあります。このような体質のことをアトピー素因と呼びます

皮膚のバリア機能

皮膚は、表面の皮脂膜やその下の角質細胞、角質細胞間脂質などがバリアの役割を担っており、外からの物質の侵入や水分の蒸発による皮膚の乾燥を防いでいます。

アトピー性皮膚炎の状態では、これらの「皮膚のバリア機能」が弱まっているため、外からの異物が容易に皮膚の中まで入りこみやすい状態になっています。「皮膚のバリア機能」はもともとの体質もありますが、アトピーで苦しんで皮膚を引っかいたりこすったりといった物理的な刺激や、汗、石鹸、化粧品、紫外線などによっても低下します。

肌ケアーの対策などをきっちり取る事が大切になります。

原因はバリア機能異常と免疫の過剰反応

アトピー性皮膚炎は、良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、長期にわたり皮膚の炎症が続きます。炎症は、本来は体の外から侵入してきた敵と戦って退治する免疫反応によって起こるもので、細菌やウイルスなどから身を守るために必須のものです。

しかし、アトピー性皮膚炎ではこの免疫が過剰に反応し、本来退治する必要のないものに対しても不必要に反応し、炎症が起きてしまうことが病気の根本にあります。
免疫が過剰に反応する理由としては、もともとのアレルギーを起こしやすい体質(アトピー素因)や皮膚のバリア機能低下も大きく関係しますが、長期間皮膚に加わる強い刺激やストレス、疲労なども免疫を不安定にしてアトピー性皮膚炎を悪化させることがあります。

ステロイドは夢の薬なのか?

「アトピーは中々治らないですから、うまく薬と付き合っていきましょう。」
そのように言われたこともあるのではありませんか?

さまざまな治療法を模索しながら、いろいろ試してはみるものの、効果がイマイチだったり、より一層悪化したりして、毎日ずっと悩み続けていませんか?

ステロイドを使用すると、一瞬治った様になるのですが、またぶり返し、そしてだんだんと効かなくなってきます。

そんな中で、アトピーの症状を改善する方法の一つに、
ステロイドを使わない「脱ステロイド」があります。皆さんのも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

ステロイドを使い続けていることに、不安や疑問を感じていませんか?不安を抱えているあなたに向けて脱ステロイドまでの提案があります。

さすがに、すぐに治るわけではありませんが、ステロイドを使わなくても、保湿をしなくても、キレイな肌を維持できるように、「自分の内面からの力」で治していきましょう。

アトピー性皮膚炎はどのようにおこるのか?

水素水 脱ステロイド

先ほどのページでもお答えしましたが、アトピー性皮膚炎は、免疫機能が、体内のアレルゲンに過剰反応して、炎症やかゆみなどが起こるアレルギー症状です。
そして、皮膚に炎症が起こると、そこに活性酸素が発生します。

本来であれば、この活性酸素には良い働きの活性酸素もあり、体内に侵入した有害な細菌や病原体などを攻撃し自分自身を守ってくれるのもあるのですが、
アトピー性皮膚炎の場合は大量に活性酸素が発生するため、本来攻撃すべき細菌などではないものにも過剰に反応して、さらに炎症が発生します。
これがよく言われている悪玉活性酸素というものです。

アトピー性皮膚炎の原因にもなっています、過剰な免疫反応・炎症反応を抑えるためにも、発生した活性酸素の除去が必要なのです。これが、抗酸化です。

確かに、アトピー性皮膚炎の症状を引き起こす要因は、このことだけでなく様々ですが、アトピー性皮膚炎は皮膚だけの問題ではないのです。体内のそのものを変えていくことで、今よりも改善できます。

耐えられないかゆみ

アトピーの治療には、ついステロイドに頼ってしまう。

だけど本当は、「ステロイドはなるべく使いたくない・・・」というのが本音ではないでしょうか?ステロイドを使ったその時は、すごくはっきりと治ったようになるのですが、やはり、副作用が心配ですし、そして、だんだんとステロイドの効きが悪くなってきて、以前ほどの効果が期待できなくなっていく。
そしてそうなれば、今よりも強い薬に頼らなければ。となっていきます。

それの繰り返し、何度もそれのくり返し。
だから、本当は、「ステロイドは使いたくない・・・」

だけど、「ステロイドを使わないで、どうやって、このかゆみと付き合っていくの?」

これが、本音だと思います。ほんとうは、みなさん知っています、ステロイド無しで治るのが一番いいと。

ステロイドの使用がまねく悪循環とは

ステロイドを塗っても何度もつらい思いを繰り返していませんか?
ステロイドではアトピー性皮膚炎を根本的に改善できない理由を少しお話しします。

ステロイド外用剤の長所と短所

【長所】
・瞬時にかゆみ、赤みを押さえる。※応急処置的に、症状を抑えるために使うことに向いています。

【短所】
・皮膚が褐色になってしまう
・色素沈着皮膚の色素が白く抜ける色素退色
・毛細血管の拡張により、顔が赤ら顔になる
・皮膚が薄くなり、小じわが増える
・吸収されたステロイドが酸化して、身体に蓄積していく
※これらの症状は、ステロイド外用剤による副作用によるものです。

アトピー性皮膚炎がステロイドの副作用による炎症になる

アトピー 脱ステロイド激しい炎症や痒みから解放してくれるステロイド。何度も助けられたことがあると思います。しかし、ステロイドのメリットの裏には大きなデメリットが隠されています。

ステロイド外用剤を塗ると、その成分はおもに毛穴を通して皮脂腺から大量に吸収されていき、劇的な消炎作用を発揮します。しかし、働きを終えたステロイドは体内にとどまるうちに、酸化コレステロールというカスになります。酸化の度合いが少ない場合は尿から排泄されますが、酸化の程度の進んだものは、肝臓での処理が間に合わなくなり、腸から排泄されることが困難になります。その結果、皮下脂肪や血管壁に酸化コレステロールが蓄積してしまいます。

実は、この酸化コレステロールは炎症を引き起こす起炎物質なのです。交感神経も刺激するため、さらに炎症を悪化させることになります。

ステロイドをやめることで、依存から抜け出せる

ステロイドを塗り続ける事で、アトピーの炎症が体のあちこちにでき始めてはいませんか?

これは、たまった酸化コレステロールが血流に乗って体中に運ばれていき、別の部分に蓄積されて炎症を起こしているのです。そして、次第にステロイドを塗る面積が増え、ステロイド依存が深刻化していきます。

成人型アトピーは、思春期までのアトピーとは別のもの。本来のアトピー性皮膚炎に、ステロイドに対して依存状態になった副作用を合併しています。依存状態から解放してあげるためにも、ステロイドを塗る習慣をやめることが不可欠です。

しかし、我慢してステロイドを止めても、アトピー性皮膚炎が治ることはないのです。

上で言ってることと矛盾していますよね。どうして我慢してステロイドを使うのを我慢しても、アトピーは治らないのか?

実際、ステロイドを真面目に塗るだけではアトピーは治せない。
逆に、必死でステロイド離脱に取り組んでもアトピーは治せません。
これがアトピー患者に突きつけられた現実です。

それはステロイド離脱に成功することと、アトピーが治ることは別の問題だからです。

それは順番が逆だからです。脱ステロイドでアトピー性皮膚炎を治すのではなく、治療しながら脱ステロイドを目指すのです。

脱ステロイドが有効な理由とは

こういったステロイド依存から抜け出すことが、アトピー改善の大きなカギとなっています。脱ステロイドは、ステロイドの使用により自然治癒を遅らせられ阻害されているアトピー性皮膚炎を解き放ち、自然治癒に向かわせることができます。アトピーの炎症は、体内で酸化コレステロールとなったステロイドの老廃物を排出する大事なデトックスなのです。

その老廃物を排出する大事なデトックスに有効なのが、水素水なのです。
水素は、悪玉活性酸素に働き、人が本来持つ自然治癒力を高め、健康な体へと近づけてくれるのです。

アトピー 水素風呂 体験

水素水の使用以外の治療との比較

アトピー性皮膚炎の治療と言えば、ステロイドや消炎鎮痛剤を使用される方が多いと思います。確かにかゆみの激しい時には即効性のある薬剤を使用するのは仕方のないことだと思います。だって、痒さには耐えられないですものね。

しかし、上記でも申しましたとおり、副作用をもたらす可能性も考慮すると、本当は、あまり使用しないほうが良いに決まってますし、使用するなら、依存してしまわないように使用には細心の注意が必要です。

それに対して水素水の使用では、副作用は基本的に起こりません。これは水素水が、アトピー性皮膚炎の疾患の根幹となる悪玉活性酸素の除去をした後は単なる水となるからです。 また、近年、軽微な炎症が肌の老化だけでなく、脳梗塞などの重大疾患を引き起こすメカニズムについての研究も進んでいます。そういった脅威からのサポートにも、水素水が持つ効果が注目されています。

水素水によるケアの注意点

水素水によるアトピーへの効果は、正しく水素が体内にとり込まれ、活性酸素を除去しなければ見込めません。

ブームにもなりましたので、多くのメーカーから飲料用の水素水が発売されていますが、中には水素の濃度が低いインチキ紛いのものも存在します。そして、水素水の最大の弱点は、水素が抜けてしまうことです。抜けてしまえば、ただの水で、水素水治療の効果が見込まれませんよね。これが、水素水がブームで終わり、インチキじゃない?と言われた所以ですね。

そこで、改めて水素水をはじめようと思っている方は、正しい水素水の選び方や摂取方法を口コミなどでお調べ下さい。
その中でも、体全体で水素水の力を取り込める水素風呂のレンタルをお勧めしています。
飲む水素水の弱点だったことも、良い点に変えれて、無理なくリーズナブルに水素風呂始めていただけます。

また、水素水によるアトピー性皮膚炎の治療を行う場合は、これまで使用していた薬を突然絶つなど、急激な変化を行うのではなく、体内の悪玉活性酸素を除去しつつ、徐々にステロイドなどの使用量を減少させていくようにしましょう。

なお、生活習慣や食生活をも合わせて変えていくことが、美肌を目指すにおいて大切なことであるということもお忘れなく、生活全体からアトピー性皮膚炎を治療していきましょう。

 

水素風呂 美ボディ水素水はインチキなのか?

水素風呂 水素水水素水のお風呂で美肌と健康を手に入れよう

関連記事

  1. 水素水

    水素風呂と経皮吸収

    水素風呂をレンタルで楽しもう。皆さん、経皮吸収って言葉ご存知ですか?経皮吸収とは皮膚から物質…

  2. 水素風呂 水素水

    水素水のお風呂で美肌と健康を手に入れよう

    水素水を体で浴びて、美肌と健康を手に入れるには?水素水の力は美容と健康への近道…

  3. 水素風呂 美ボディ

    水素水はインチキなのか?

    水素水は、インチキなのか?水素水の弱点水素水ブームの時は、いろんな会社からも…

  4. 水素水 美肌

    水素風呂と今話題の活性酸素とは?

    美容と老化の大敵「悪玉活性酸素」とは?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP